本文へスキップ

アナウンサー、社会人類学者 原麻里子はグローバル時代を生き抜く異文化理解のナビゲーター

原麻里子事務所

マイ・ライフ・ストーリーMy Life Story

放送局時代

テレビ朝日アナウンサー時代

大学卒業後、憧れのキー局のアナウンサーへ。アナウンサーとしての仕事を通して、色々な方々にお会いし、様々な体験をしたことは私の人生の宝です。
「イブニング朝日」「おはようテレビ朝日」「ザ・テレビ演芸」など各種報道・情報・海外取材・バラエティー・広報番組の司会・アシスタント・リポーター。
時代劇「遠山の金さん」(高橋英樹主演)に女優役として出演しました。
局アナnetのメンバーです。(応援クリックをお願いいたします!)


○○○○○○○○イメージ

BBCワールドサービス日本語放送
 アナウンサー・プロデューサー時代

BBCで働いていたことは私の人生の大きなターニングポイント。アナウンサー・プロデューサーとして、国際ニュース・時事問題・論説と英国に関する番組の制作・アナウンスをタントしていました。当時の経験が現在のBBC研究に繋がっています。
当時、BBCワールドサービスは37言語で放送しており、世界各地から集まって来た優秀な海外出身のスタッフと共に仕事をしていたが、当時の英語力・論理構成力では、彼らとの討論には参加出来ずに悔しい思いをして、留学を決意し、局を退社し、ケンブリッジ大学大学院で社会人類学を学ぶことにしました。BBCに関する講演もしております。


ケンブリッジ大学大学院社会人類学科留学時代

○○○○○○○○イメージ

ケンブリッジ大学

 英国は階級に固執した国という印象を持つ日本人が多いですが、そういう面も確かにありますが、現在の英国は日本以上にメリトクラシー(能力主義)と機会の平等を強く主張し実行しようとしています。また、英国はリーダーのあり方を常に考え、その育成に務めています。その際に、重要な役割を果たすのは教育です。英国の教育はエリート主義といわれていますが、実態はどうなのでしょうか。ケンブリッジ大学については私のブログ「原麻里子@地球村」をご覧下さい。また、ケンブリッジ大学の教育や、ケンブリッジ風論理的話し方についての講演も行っております。


社会人類学について

BBCワールドサービスでの異文化体験から社会人類学を学ぶことにしました。研究テー マは戦時中のニュース映画とナショナリズムの関係です。現在は、大学で文化人類学を 教えています。